テト、1歳の誕生日迎えました

こんにちは、ikuです。

インスタ(@iku_n19 )には、成長記録としてたくさんあげていましたが、

ウロコインコ のブログ「ウロコLetter」すっごくおざなりになっていました。
反省の一言・・・。

 

で、今日は急にぶっ飛んで「ウロコ1号」のテト。
3月17日で1歳を迎えました★

 

今日はそのテトのお話をしたいと思います。

 

テト誕生日おめでとう!

テト誕生日おめでとう!1歳になったねぇ〜♪
無事に1歳を迎えました★ 鮮やかな綺麗な色になって、美人さんになったね(と、親バカw)

 

いやぁ〜長い1年。もう1年たったのって感じです。

1年・・というと、長いようで短く感じてあっという間に大きくなった・・という感じがしますが、テトの場合すごく長く感じました。
充実していた証拠ですね♪

 

実質1年なんだけど、感覚的には3年くらい経ってるんじゃないか?と思うくらいの強烈なインパクトと存在感があったので日々翻弄されて、思い出がいっぱい。(笑)

 

お迎え序盤からマイコプラズマで治療が3ヶ月続き大変な思いもしましたが、
体調崩すことなく育ちました。

 

テトは、1年間見てきて思ったのは、とにかく陽気でラテン系気質な性格。
おもしろそう!と思ったことには目がなく、果敢に攻めてる子です。
そして、「そんな気を使わさなくていいのに・・・」と思うくらいサービス精神旺盛なよくできた子です(笑)

 

踊るウロコインコ 、テト

テトは感情表現も豊かで、音楽をかけるとユラユラと一緒に同じ動きをします。
ウロコインコ を迎える前、こんな動きってコガネメキシコインコちゃんくらいの大きさの子しかしないのかと思っていたけど、ウロコインコ もできるですね。

 

本当に踊る、ダンスするんです。
ドラムをやる飼い主に似たのかわかりませんが、ちゃんと音楽のスピードも聞いているし、それに合わせて動く。オカメインコと比較しても同じ鳥でも、性質が全然違うんですね〜。
そして好きな音楽と好みじゃない音楽があり、好きな音楽の時は踊るけど、好みじゃないと「きゃきゃきゃきゃきゃきゃ!!!(チェンジ!)」といって、私に却下オファーを出してくるんです(笑)

 

オカメのピュオーラは音感がよく歌うけど、ウロコインコ のテトはリズム感がいいみたい♪
お気に入りはディズニーのエレクトリカルパレードです。
よかったら下のインスタ動画ご覧ください。(音量注意)

 

▼エレクトリカルパレードの音楽で踊るテト

 

 

ウロコインコ はキスが好き

現在、1歳になったサンチークのテトの体重は63g。
毎日元気に飛び回り、食べまくり、放鳥すればいつも首元にいて体温を感じる位置にいてくれるんですが、キスをしないと放鳥が終わらない。これも、挨拶でチークキスをするラテン文化から来ているのかなぁ?なんて思っちゃうんですが、、(別に南米が原産地で、そこに住んでいたわけじゃないんだけどね)

 

「あたちをみて!他の鳥は見なくていいから、あたちを見て(๑╹ω╹๑ )」

「あたちを見ないなら、こんなことしちゃうんだから・・・・」

 

 

「CHU・・・・!ぺろり・・・」

唇を甘噛み・・・。(むさ苦しい私の顔、お許しくださいw)

 

すきあらば、口の中、歯の内側、私のベロまで進入してきます。
ついでに、分厚い舌を動かし、ペロペロ舐める。(ウロコのベロ、大きいんです)
まじかよっ!・:*+.\(( °ω° ))/.:+ っと思いたくなりますが、マジです。
犬みたいになめます。(笑)
そう、Deepキスをするんです(笑)

 

でもね、私的にはね。唇はいいけど、口の中までこなくていいから・・・(笑)とか思うんですけどね。
テトの愛情?好奇心?はとてもDEEPなので、私もちゃんと答えてあげてます。(じゃないと、放鳥がフィニッシュしないのですw)

 

キスがクローズアップされましたが別に口の中が好きなのではなく、
ウロコインコ は、相手の体温を感じるのが好きなんだと思います。

 

オカメインコはちょうどいい距離感(ソーシャルディスタンス)を作って並んで止まりますが、
ウロコインコ は、基本体を寄り添っているのがデフォルトみたい。
平らな床面があれば2羽でじゃれついてゴロゴロ転がるし、ケージの柵につかまっている時は、体を寄り添わせてお互いの体温を確かめあっているイメージです。

 

▼転がる様子(笑)

マリンちゃん、足・・・・(笑)
これが2羽の仲です。もう本当仲よすぎて、、、。いいんですかね、これ(笑)
マリンちゃんもパワフルなんだけど、すごく甘えるのが大好きなのでそれに答えるテト。
テトにカキカキされている時のマリンちゃんと至福顔がかわいいです・・・(*´꒳`*)
気持ちいいいと、クルルル・・って声を出すんです。

 

サンチークの体格・体重は60g前後

ウロコインコ サンチークの体重は70gくらいまで行くのかな?どうかな?と思ったけど、

来た当初の体重(生後3ヶ月くらい)とあまり変わらず、60〜63gを維持しています。
獣医にも聞きましたが、サンチークの体重はこのくらいが平均みたいですね。
品種改良を続けた結果、個体の体格が小さくなっているという記事を他のブログでみましたが、やはりそうなんだなぁ〜と感じています。

 

ちなみに相方(といっても、女同士ですが)のブルーパイナップル のマリンちゃん。

ウロコインコ ブルーパイナップル

体重は74g(2021年3月現在、9ヶ月齢)、テトと比べると筋肉質でがっしりしていて10g程度の差があります。でもノーマルのウロコよりは少し小ぶりかなぁ?と行った感じです。
マリンちゃんはオキナインコみたいに、羽がぎっしり詰まっていてモフ度がすごいです。あと3ヶ月で1歳になるけど、どうなるかな?
マリンちゃんの話は、積もる話があるのでまた、別の記事で書きます。
この子、まだすごいんですよ。

 

 

驚くべきウロコインコ の身体能力のコミカルな動き

我が家のウロコの世界を取り仕切っているのは、ひとまわり小さいテトのようです。
ウロコでは先住だから・・・というのあるけど、テトは空気を読むのが上手。
甘えん坊でおてんばな次女マリンちゃんと一緒に遊びつつ、時に空気を読んで制御したり、そしてアフターフォローの「カキカキ」羽繕いタイムで愛情を届けるのも上手です。

 

▼なんでも握る。

オホホホホホ・・・・

完全にカメラ意識してますよね(笑)

 

いろんな動きが面白いのですが、水浴びもコミカルです。
豪快にバシャバシャ浴びで、出来上がりが素晴らしい。

↓こちらです。

 

▼豪快な水浴び

水浴びしたウロコインコ があらわれた

モンスターA,Bが現れた・・・。

 

と言いたくなるこの図(笑)こんな写真、オカメにはない(笑)
まるでドラクエやファイナルファンタジーの「モンスターがあらわれた!」と言わんばかりのリアクションと、”まぶしい”絵になるお姿。

 

初めはこんな感じでしたがいいコンビになりました。

オカメインコの生活が身について私にとっては、ウロコインコ の一つ一つのリアクション、習性、特徴、食べ物の傾向とかも違って新鮮でした。(いまだに新鮮ですw)

 

ぴょんぴょん飛び回り、ケージを逆さまになっても重力を感じさせない動きをする様子は、いまだに慣れず、ずっと見入ってしまいます。
よかったらインスタ動画となりますが、ご覧ください(笑)

▼インスタ: テトの運動能力

ケージの天井でも、側面でも同じように動きます。
とにかくすごい身体能力です。

 

いろいろつらつら書きましたが、1歳のお誕生日は本当にめでたい♪
これからまだまら新しい顔を見せてくれるんじゃないかな?と期待しています。
マリンちゃんと一緒に、元気にスクスク育ってね!

☆*:.。. ★.。.:*☆*:.。. ★.。.:*☆
ご覧いただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。
面白かったよ〜!と思ったら、
下のボタン(画像)をクリック頂けると
励みになります(*´꒳`*)

にほんブログ村 鳥ブログ ウロコインコへ

▼ウロコLetter公式Lineアカウント
更新のお知らせ致します♪
友だち追加
☆*:.。. ★.。.:*☆*:.。. ★.。.:*☆